• お店紹介
  • メニュー
  • キャンペーン
  • ブログ
  • ご予約・アクセス

さかなとお風呂とのんびりーな


2019年05月30日

熱かったね、ここ数日

まだ梅雨にもなってないけど、そろそろお風呂遊びも限界かなぁぁぁ、なある日、いやちょいと前の定休日

池袋から埼玉方面のお風呂に行こう、思て東上線の電車に乗って発車を待ってたら、なんと人身事故でまーーーーーたく動かず、しかもホームに止まったままやから、降りるお客さんはおらんと、どんどんお客さんが増える一方で、ウチの店にもこんなアイデアでけへんか、、、ありいへんな(^_^;)

で結局1時間近く軟禁状態で、満員の動かない車内、さらに小川町行から川越行に変更しました、って、これはあかん、とあきらめて東武東上線から避難、、、

さてまだ11時、どないするか・・・

で、たどり着いたのが、人生58年、たぶん20数年ぶり2回目の訪問地、北千住

東武線と日比谷線とJRの駅がある

錦糸町みたいな繁華街

昼べろ、朝までコースな昭和な居酒屋さんがいーぱいある

ぐらいしか知識はなく

とにかくバラエティ番組で、朝にドロドロになったおっさんがはびこるイメージが・・・

こんな感じ

で、結構路地を歩き回ったけど、だれも寝てへん、くだもまいてへん、ネズミも寝てる、テレビは仕込みか(^_^;)

でここからちょいと歩いて、開店前から並ぶと鮮魚店がやってるという噂のお店になんとか入ることができ

うな重梅か!!っていうぐらいのお値段の、こちらイチオシの「雲丹付刺身定食」をいただく

魚屋さんが選んで板前さんが調理した並んでも食べたいランチ

どーん、豪華じゃ

お刺身はアジ、初鰹、金目鯛、真鯛、赤身、カンパチにエビ・・・ボタンエビでもないし、なんやろか、それにバフンウニとムラサキウニのコンビにサラダと茶わん蒸しとお味噌汁
まぁ豪華絢爛ですわ

が、しかし、お味噌汁と茶わん蒸しがぬるい・・・さらに売りのアジのお造りはふにゃ、赤身はうーん土曜のマグロの残りかも、エビ・ウニ・カツオは美味しかったけど・・・

期待しずきただけに、ちょいとドンマイなランチ、リベンジするにも遠いなぁ

そこから、また電車を乗り継ぎ、てくてく歩き

未踏の地、足立区でようやくたどり着いたのは

こちら、源泉かけ流し塩分鉄分めっちゃ過多なお風呂でホカホカで

これは近くにあったらぜひおススメなお湯で、刺身とお風呂のフルコースは足立区民のご褒美みたいになってるんかも、って勝手な思い込みで、夕方までの~んびりして、

そこからの江東区への移動

今日はなかなか普段行けへん、豊島区から足立区からの江東区エリアを攻めてる訳で

今宵は清澄白河の東京都現代美術館の目の前にある

ビルの二階の

「ノンビリーナ」さんで

どうもこちらはの~んびりできるという噂のお知り合いなお店で

ここにボクだけやのうて

仲間たちなみなさんに奥方も加わって、さぁ宴の開始で

ひっさしぶりのハートランドの生は一気飲みですぐにお代わりしたら

こんな日本酒あるよぉ~、って三本も見せてもらって

とはいえこの日は昼から飲んでて

開けてもらうと、全部は飲めんから、開いてるお酒、って言うたら田酒って、そんないいお酒をいただきはじめ

アテは、自家製なうずら卵とチーズの燻製からスタートで

千葉(やったかな?)の家庭農園で育てはったパクチーとお豆腐和えで、パクチー得意ではないけど、香りづけにお豆腐とは合う訳で

ポテトサラダは優しくって

ウチの店も厚切ラムが人気やけど、こちらもいろいろと探してはったラムを炒めたんがメニューにあって、スパイシーでこれ好き

こんなん食べる?みたいなのが出てきた

パクチーの根っこの素揚げ

見た目はオババの呪いか!!みたいな感じやけど

これ見た目と違って意外と(失礼!)、美味しい、ずーっと日本酒やけど、ハートランドの生ええかも

このへんになると記憶があやしいが、たぶんカレー、いや確実にカレーです、スープカレーみたい・・・あかん記憶飛んでます、気になる方は聞いてくださいね

結局月曜の7時から11時(たぶん)ぐらいまで、延々と飲ませて食べさせていただき、清澄白河から森下経由でつつじが丘に無事たどり着いて、翌朝駅中のコンビニのレシートが出てきて、まだお酒を買ってたみたいで、充実した定休日やったな、と日記に書いておこう。

ご馳走様でした!!

お蕎麦と天ぷらの関係


2019年05月23日

純米酒粕焼酎「七田」、大人気です

うわっ、って言うぐらいフルーティで、ホンマええ香り、美味しい焼酎ですよ、ぜひ一度お試しあれ!(580円)

先日二階の畳の表替えをお願いしたんで、朝イチから時間を持て余してしまって・・・そうやこんなときこそあそこ行こう!!ってことで、成城学園でバスを乗り継ぎ、宇奈根ていう世田谷の端っこに

どこどこ????っていう住宅街にあるお蕎麦屋さんです。

実はこちら、天圀さんで天ぷらの修行をして、その後お蕎麦屋さんで修行をして開きはったお蕎麦屋さん、

お蕎麦屋さんは世にいーーーーぱいあるけど、実はどこのそば屋でもある天ぷらやけど、お蕎麦は極めてるのに、天ぷらはフツーに作ってる店ばーかり、天ぷらそば食べていつも後悔するけど、ここは天ぷらが美味いよ、ってお客さんからだいぶん前にこちらを教えてもらったんやけど、定休日が被ってて、なかなか行ける機会がなかってん。

で、初訪、11時半開店、いきなりポルシェのお客様(^_^;)

綺麗な店内のカウンターに案内されて、せっかく来れたので、単品でなく昼限定二色ランチ

カウンターなんで、天ぷらは揚げたてが一品一品出てきます、すでに天麩羅屋さんです

野菜三品に、かき揚げか穴子の二択、蕎麦に合わせた天ぷらが美味いよ、と聞いてたので、素直にかき揚げをお願い

プリプリの小エビがいっぱい入ってて、このままご飯と食べたい・・・あ、お蕎麦屋さんやがな

と同時に二色のお蕎麦が

更科やないけど、さらっとした細切りと

ごわごわの粗切りの田舎蕎麦

カリッと揚がったかき揚げに冷たいお蕎麦は、これは贅沢ですわ

なるほどこちらは天ぷらの美味いそば屋さん、ていうより、天ぷらを食べながら、〆に美味しい蕎麦を食べれる、、、天ぷら屋さん。。。なのか

〆はそばがきに黒蜜なシロモノで、とろとろの蕎麦湯をいただき、、、やっぱし

お蕎麦屋さん(^’^)

ご馳走様でした、天ぷらとお蕎麦のシナジーなお店でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大発見、湯本のかっぱ


2019年05月15日

ながーい連休も終わって

ほれぼれはなんちゃら明けはいつもメチャ弱くって

なかでも今年は最下位決定消化試合的静御前で、

そんななか銘酒「七田」の純米粕取り焼酎を入手しました。

めっちゃフルーティーです、しっかり米焼酎です、ロックがベストです、580円です、大特価です!!

CMでした。

さて、ボクも日本経済活性化のため、少額でも役に立たないと、と踏ん張り、奥方と二人で新宿駅に

初めて、いえ正確には、小学生の時に東京旅行で来た二日目に芦ノ湖に行ったときに乗って以来、という新宿からのロマンスカー乗車で

(いつもは新百合ヶ丘からの乗車なので)

30分も前に着いた

時間潰しになんかないかとふらついたら

なんと「ロマンスカーカフェ」なるもの発見、しかもコーヒー、パンだけでなく、ビールにハイボールまでありんす

ソファでハイボール呑みながら特急が入ってくるまでのーんびり

これは乗る前に気分もあがるわ!!小田急やるな!!

で、カフェからハイボールやったんで、車内もハイボールな午前中で、あっという間に小田原で、もっとゆっくり走ってくれたらええのに・・・

JRに乗換、一駅目の早川で降り立ち、漁港まで散歩タイムで

天気もええし、なんし磯の香がええわ、やっぱし海はええね、というか、ここは箱根も熱海もすぐで、なんとええとこか

食彩の王国で相模湾の鯵をやってて、こちらのお店のアジフライは一日寝かせて熟成してから揚げると聞いたので初訪問に来たら、月曜の12時でウェイティングで

とはいえ20分ほどで座れて、赤星はGood!!

昼呑み歓迎な看板を信じつつ

生シラスの時期やね、その昔椿丸ていう釣り船に乗ってるとき、シラス船から獲れたて、まだ生きててピチピチしてるシラスを大量にもらい、その場でおどりで食べた最高のシラスを思い出した、けどこのシラスもメッチャ美味いわ

はい、アジフライ、、、なるほど、ていうか獲れたてとの食べ比べしたいわ、、、違いがわからんかった(笑

お刺身は黒板から3点を選べて、ボクは6点盛りでお願いし、

手前大葉からめいちだい、イサキ、ホウボウ、アジ、カワハギ、カクアジ(カイワリのことらしい)、マグロ(奥方のリクエスト)

あれ!?アジ、もっと期待したけど・・・で、ボク的にはカワハギ、イサキ、ホウボウが良かったかな、ごちそうさんでした。

で、箱根なんちゃらていう駅まで歩いて、今度は箱根湯本駅まで電車に乗り、めざすのはしぶ~い温泉で

湯本に行った人は、一度は見たことあるかもしれん、この光景

「かっぱ天国」ネーミングと看板が令和には怪しすぎる、いやこれからの新時代にはマッチするんかもしれんな、どっちみち昭和人にはわからん

やっぱり怪しい看板の入口から

坂道を上り上り

箱根湯本駅から上り上り10分

あら、あの駅から見える光景に、途中の看板に怪しいゲートの割には、メッチャフツー、ていうか、小奇麗な玄関で

どうもここは宿泊もあるみたいやけど、日帰り温泉のお代を払って、いざお風呂へ

お風呂は男女別の露天風呂のみ、潔い!!

月曜、2時の日帰り温泉は300%貸切で(女湯はお一人様ご入浴やったらしいけど)

撮影禁止マークもなかったんで、撮らせていただきました

ここは自家源泉、さらに激浅の源泉からどんどんかけ流しで加水したら水道代もかかるやん的で、冬のみ温泉が冷めるから加温で、消毒も全くなし、たしかに塩素的臭いはゼロ、、、これはなかなかすんごい温泉発見!!!

かっぱやるな!!!

いえ、おみそれ致しました_(._.)_

700円で大満足、しかも空いてる!!

タイヘン素晴らしいお湯でした!!

店長のゴールデンウイークな1日


2019年05月09日

CM : 昨日から「エゴマの葉の味噌漬け」をご用意しました。

焼肉と一緒に、お酒のおつまみに、そして熱々のご飯にも、すごく美味しいですよ~

ついに10連休もお終い、お休みな人はどないでしたか?

流石に10日も休んだら飽きてしまうんゃうんかいな???

けど会社辞めたら、10日どころか一生連休な訳で、これは事前練習しときや、っていうことやったりしてね(^’^)

で、もちろん皆さんお休みの時は、ボクはお仕事の訳で

けどゴールデンウィークの最後の月曜だけはお休みをいただき、ちょいとボクも10連休体験をしたわけで

まずランチは午後から仕事に行く奥方と笹塚でお蕎麦をいただき

一度満席で断られたとこのリベンジで、手打ちそばと沖縄料理のお店で、オリオンビールに塩辛にもりそばをいただき、こんなお店が近所にあったらええのに~

これはお客さんがよう思うことで、ボクもこう思われるようにせなあかん、って教えてもらったりして

時計は一時半で、夕方の野暮用まで三時間半あるので

お天気ええので、テクテク歩きだし

笹塚には玉川上水が通っていて、東京の小学生は必ず玉川兄弟が作った江戸の水道、玉川上水を習うらしいね、銅像まであったりして、まずはここからスタートで

代々木上原に、木で隠れてしもたけど、デカいバベルの塔(?)が建ってる、なんじゃこれ!?

どうやらトルコ文化センターとかで、日本最大のモスクとか、入る時間なかったのが残念

今度は古賀政男音楽博物館、まぁご立派な建物で、お隣はJASRAC

そういゃその昔、このお二方はいろんな疑惑があったかと・・・いまだに仲良く(^_^;)

富ヶ谷を過ぎ、少し歩くと警視庁のバスが2台ならんではって、その入り口から一般車は規制してはる、その中を徒歩やから堂々と入っていくと

この車の右手が安倍首相の自宅マンションみたいで、さすがにそちらに向けて写メする自信はあるはずもなく、知らん顔して通り過ぎ笑

代々木公園に

ここまで、人だらけなGWを味わうことなく、清々しい散歩で

ここ代々木公園も、最後の連休を楽しんではる人ばかりで、、、

ボクもちょいとベンチに座って休憩な訳で

なんかキャンパスライフな感じで、けど東京の大学はほとんどがコンクリートジャングルで可哀想やな、なんて思いつつ、気付いたらちょいと急ぎ足で行かないと!!

原宿に入ると、さすがにGW!!!こりゃタイヘンな人ごみで、牛歩戦術なボクは遅刻したらあかんから、表参道から裏参道に逃げて、ようやく目的地

そう、神宮球場な訳で、ここまで12キロ、20995歩、なかなかのお散歩でした。

とりあえず、乾杯で

子供の日の振り替え休日やからか、君が代のスタートは、なんか神聖な試合のようで

いきなり先制点はこちらのエラーで、なんか観る気力がなくなり、飲む気力はMaxで、結局途中でこりゃ無理やわ、と退場、今年月曜の試合はこれが最初で、次は9月下旬の消化試合しかないわけで、

ボクの今年の黄金週間と野球観戦はあっけなく終わりました、とさ。

 

幻のギンヒカリ、お米ちゃいますよ~


2019年04月25日

平成も残すところ、あと6日

知り合いのマーケッターは「平成忘年会」と称する平成最後を楽しむ飲み会をされてるようで、なかなかのアイデアマンですわ

ぜひほれぼれに「平成忘年会」、そして5月1日からは「令和新年会」でお越しくださいませ(笑)

CM GWは最終日の5/6(月)のみお休み、それまでは今日からずーーーーっと営業してますよぅぅぅぅ、お待ちシテマース

さて、実は前々からなんとか行って食べたい、と思っていたところに、やっと行ってきました。

前夜から奥方や、とある美女にも打診したけど、遠すぎ!!朝起きれない!!、と一蹴され

一人旅スタート、で

前夜は2時ベッドなんで、まぁ4時間睡眠、定休日は十分で、今回は新宿から特急という豪華な旅で(各停で行くには始発でないと間に合わないので)

日光行きは実に素直な「日光」という特急で

結構混んでんねんけど、この電車、どうもえらくシートピッチが長くて座り心地がええわ、日光行きで外人多いから広いのんかな???

朝ご飯は、前夜の残りの塩おにぎりとストロングなんちゃらと、お歳暮の時期にしか売ってない安いえびすめの切り落とし、やっぱし塩昆布はえびすめだわ

この日は絶好のお天気で、大宮を過ぎてドンドン北に行くと、景色はドンドン緑だらけで

アッという間に栃木駅に到着、そこから両毛線という電車に乗りかえ、10時前に桐生駅に到着、桐生って確か繊維、絹の町で、それしか記憶なく、初上陸で

けど、駅前は閑散としてて、繊維街もなく、まぁありがちなざんねんな景色で、というか繁華街は違うとこにあるんかもしれんけど、えてしてJR駅は街の中心から離れてること多いからね

そこから、地元の市がやってるおりひめバスに乗ること40分

名久木ていう終点で帰りのバスの時間を調べとくと

まぁ1日4本なところ、実にバス乗り過ごすわけにはいかへんやん

で、目指すとこはこのバス停から2キロほどまだ山の方へ行ったところで

ホンマええ天気で、ハイキング気分!(^^)!

空気がきれいやわ、お花もきれいで、実に平成最後の一人旅らしい(^_^;)

で、ようやくお店の入口に到着、11時半、うーん5時間かかったぁぁぁ

お店は釣堀なお店で、大きな釣り堀が三つもあり、シーン、、、やけど「営業中」で

こんにちわ~って入っていくと、お客はボクだけで、お店は店長さんと奥さんとお母さん?な三名体制で

お座敷のほかにかまどがあり、ここでうどんの釜揚げをするらしく、それも食べたいけど、今日はボク一人で食べなアカンので、そこまでは至難の業な訳で

まずはビールをいただきながら、お刺身盛り合わせをお願いし

さて、こんな山奥のお刺身とは、もちろん釣堀の横で養殖されてるお魚で

それは「ギンヒカリ」ていう、特別な最高級ニジマスで、

群馬県の水産試験場が稚魚を育ててて、それを養殖してる業者さんのひとつがこちらで、

何が特別かというと、普通のニジマスの倍近い3年も時間をかけて育てるんで、実に大きくなり、しかも大きいのに脂が少なくてアッサリしてて、しかもコリコリ、プリプリていう、夢のようなお魚で、

ネットでいろいろ調べたけど、実にデータのないお魚で、食べれるお店もほとんどない、で、結局養殖もやってて釣堀もやってて、食べさせてもらえるこちらにお邪魔した訳で

はーい

ギンヒカリとイワナのお刺身盛り合わせ!!

なかなかの量やん、これ一人で頼んでしもた(^_^;)

ハラミのところからいただきます、まぁビックリ!!!

こんなコリコリなサケマス類は知らんわ、たしかにハラミでも脂は少なく、サッパリしてる

ワサビ醤油しかないのが、さみしい、ポン酢とかでもええのかもよ、これなら

イワナももちろん美味しいねんけど、実にイワナが寂しく思うぐらい、すごいお魚さんだわ

ハラスの空揚げ、さすがにハラスは脂があるけど、鮭のハラスほどギトギトしてないのね、あんだけ大きいから、普通より脂乗っててええはずやねんけど

で、最後のギンヒカリはフライで

揚げたてサクッサクッ、で、実はこれが一番ギンヒカリか鮭か、て言われたら、難しいとこだったわ、実に美味しいねんけど、ね。

ということで、定休日は桐生から1時間なとこにある清滝さんでギンヒカリ尽くしを堪能しました。

食べ終わってから、ご挨拶して、実はこうこうこうで、っていろいろとお話さしてもらって、無理言って、1尾買わせていただき、キーキー箱に氷入れてもらって、実に重いのを持ってテクテクと歩いてたら、クルマで追っかけてくれはって、なんとご親切に桐生まで送っていただきました。

お世話になりました、そして本当にご馳走様でした!!

素晴らしいお魚さんでした。