• お店紹介
  • メニュー
  • キャンペーン
  • ブログ
  • ご予約・アクセス

意外や意外の小田原


2018年02月08日

店長の朝は・・・お味噌汁

どうもコーヒーは苦手で、というかもうかれこれ15年以上は飲んでないと思う。

起きたてはお腹もすいてないけど、なんか温かいもん飲みたいんで、塩分過多か(^-^;

最近平日限定で裏メニューやってます(て、こんなとこで書いたら裏もくそもないけど)

一日一食限定のトモ三角の塊のタタキです。

鉄板でどーんと200g以上のお肉を焼いてもらい、厨房で休ませてからカットしてきます。それをサッと炙って特製トリュフ塩で召し上がってもらうものです。ご興味があれば、お電話で前もってご相談くださいませ。(当日の対応はできませんので)

さて、今回のお出かけは小田原一人旅。

知ってるけど、よう考えたらお城、かまぼこ、、、ぐらいしか知らんし、ご飯食べに降りるぐらいで、基本通過地点。

ということで、これは一度行ってみよう!

実はネットで調べたら、ブラタモリでやったことがあったので、youtubeで予習。

乗り込みました。

まず小田原城の周りにはお堀が二重にあり、外堀を作ったのは日本で初めて。

江戸城の外堀は難攻不落と言われた小田原城の大きな要因らしく、現在はどうなってるのか?

小田原駅から4-5km離れたところにあり、今は道路になってますが、地下にはお堀の水が流れてる、つまり暗渠(あんきょ)

400年以上の歴史を一切感じへんけど、ね

で、暗渠を超えて、山王川のほとり西湘バイパス小田原ICのそばにある回転寿司

ここはお寿司もさながら、フレンチが旨い、と評判のお店で

12時前に入ると、カウンターに2組、ボックスに2組で、ボクはカウンターに通され

一通り見渡しながら、とりあえずエーデルピルスの生で

至る所に撮影禁止と書いてあるので、あきらめて

ヒラメと鯛とアオリイカをいただき

黒板に書いてあるメニューから、牡蠣のアヒージョとマグロのテールステーキに白ワインをチョイス、15分ほど待ってる間にお姉さんに1-2枚撮ったらあきませんか?と聞いたら、手許ならいくら撮ってもいいですよ!って、そんならそう書いててよぉぉぉ

で、タイの握り、ちゃんとした赤酢です、ちなみにガリはひとつ100円、有料で

途中で許可もろたんで、飲みさし食べさしなんやけど、しーっかりコクのあるソースにからんだテールステーキ、これだけでお腹いーぱいになるよ

こちら、元は普通の回転寿司やったらしいが、フレンチのシェフがオーナーになってから寿司とフレンチになったらしい。

ワインもスゴイ種類あるし、メニューも相談すれば作れるものはなんでも作ってくれるとシェフから聞きました、こんなお店近所に欲しいなぁ・・・ウチもお寿司やるか(^-^;

こりゃ運動せにゃいかん、ので、本丸まで急ぎ足のお散歩、メッチャ寒かったけど

北条家のお城は去年大々的にリニューアルされたらしく、展示物も北条家の行く末を綴ったミニドラマも見ごたえがあり、お手洗いもピカピカで(それはどうでもええか)、一時間半もゆーくりしてしまい、巨大な城下町を作ったこのお城が江戸の街づくりに参考にされたことも勉強になりました。

その裏には

ボクラには慣れ親しい二宮金次郎の尊徳二宮神社ていうのもあり、どこの小学校にもあったあの像のルーツはここなんか!と

で、またテクテクと30分ほど歩いて探し出したのは、

小田原用水(早川上水)という早川から小田原の街に用水路をひいて、飲み水にした原点で

左が早川で右が分水された小田原用水

小田原の井戸水は海に近いから塩分が高くて飲用には厳しく、こうして川から分岐して街に上水を組み入れた、、、日本で初の水道らしい

江戸の水も特に東側は埋め立て地なんで海水が混じって飲めないから、ここも小田原の知恵を受け入れて神田上水、玉川上水とかを作って安心な水が飲めるようになったらしい。

いやはや、小田原って最後秀吉に降参してたんに終わったんやのうて、その10数年後家康が天下とると江戸の街にえらく参考にしたルーツやったんが、ようわかりました。

アラ還でわかったこと、地理と地学と歴史と経済はみーんなリンクしてる、歴史が苦手な高校の時に知りたかったぁぁぁ 美味しくてためになる小田原巡りは2万歩、たまにはええ運動でしたww

 

京都王将との熱い闘い


2018年02月01日

今日から2月ですよ~こわ、早!!

明後日は節分やね、豆まきして恵方巻食べて・・・あかんあかんお腹いーぱい焼肉食べようね、全国の紳士淑女のみなさ~ん

 

実は去年の11月にJK(女子高生ね)のムスメにせがまれて、短期間で大食いしてやっとこさ獲得した王将の餃子倶楽部会員

今年は餃子の王将50周年ということで、さらにパワーアップした企画がやってきた(しらんがな)

1/20から5月までに25ポイント(12500円)貯めると、プレミアム会員になり年間7%引きとなるという、その他にも割引券とか餃子券とかあるよ、て高校の近所の王将で新たなスタンプカードをゲットしてきたムスメが言う

・・・それは、コンプリートしてね、ということか(*_*;

まぁ明らかに、、、で、あとどれぐらい?

うーん20個、それは一回では無理やなぁ。。。

まぁ嫌いやないから修行に協力しませう

ということでやってきたのは、多摩センター手前の若葉台

去年12月オープンした東京都内の新しい王将で

今回は、ムスメに長男と奥方の4人

とりあえず・・・ビールやサワーはお腹膨れて食べれなくなるので紹興酒スタート

まずはよく焼きで、というた餃子

焼き加減はちょうどええ感じ

黄金炒飯というのもあるが、ムスメはフツーの炒飯が好みのようで、4人でシェアして

油淋鶏はやっぱし必須で

パインは入ってないのに、なぜかジャガイモが入ってる酢豚、イモだけはイランがな

王将にこんなんあったんか、なタコの唐揚げ

さらにカキフライ(もうここはどこなのか・・・)

ジャストサイズという半人前シリーズ

よだれ鶏

鶏が・・・少な(´;ω;`)

王将は持ってくる度に伝票が置いてあって、都度ムスメは足し算してる訳で

えーーーーーー、あと餃子2人前とこれ一個で完成するよ~~~

とオーダーしたのは、調整用ゴマ団子ひとつ(^-^;

もうええわ・・・勘弁して~~~

いえ、 もう食べなくて結構、コンプリートしましたから

四人でまぁよう食べました

ところがトラブル発生

どうやら支払金額はすでに餃子倶楽部に入ってるので5%引になるからコンプリートにならない、、、と(*_*;

え~~~~、ここまで食べたのに・・・とショックを隠し切れないヘンな親子で

そしたらお姉さん、ちょっと待ってください

マニュアルを読んでくれて、どうもスタンプは割引前の価格やったらしく

みごとコンプリート!!!!

で、新たなカードに交換してもらお、とお願いしたら

交換期間は2月1日からなんですぅぅぅぅ

え!?また来るの???もう半年分ぐらい食べたんやけど・・・というたら、ムスメが学校の近くに行くから大丈夫、、って、ヘンな女子高生の一夜でした、ポコペン((´∀`))

大雪なぷらっと両国


2018年01月26日

1月26日

こないだの月曜は四年ぶりの大雪ですか、まぁ毎年よりはええとしますか、雪国のひとはもっと大変なんやから・・・

で、そんな大雪の日

お昼には大奥と両国におり

両国やけど亀戸餃子というお店で

老酒は美味しく、キュウリも程よい酸味で、もちろん餃子は

西の京都王将、東の亀戸餃子というぐらい(?)野菜たーぷりでこりゃめちゃんこ美味い、調布にも支店出してほしい~

で、なんでここにおるかというと

同級生が升席取れたで~と連絡くれたんで、いま何かと話題の大相撲、人生57年間で初めて、そりゃ行かなあかんやん

おーー、テレビで観るやつや~

まだ十両のころはガラガラなのね

とりあえず、地下に日本一の工場があるらしい名物な焼鳥とお酒で乾杯

6回もタレを付けては焼いてるので冷えても柔らかい、、、と聞いたけど、確かに味が染みてて美味しいわ

土俵際にはどうみてもペーパー師匠(大笑)、けどあの席ではお酒呑まれへんわ

こんな天気でも大入満員、すごいね

相撲でイチバン期待してたのは、もちろん取り組みもあるけど、この懸賞

NHKでは全部見れへんし、広告主のアナウンスはでったい放送せえへんから、しーかり聞きました場内アナウンス、「高須クリニック」とか、あといま流行りの税理士法人とかも

そして知ってたけど圧巻されたんは、懸賞幕持ったり、土俵を掃いたりする裏方さんは「なとり」と「紀文」の二社独占ww

稀勢の里まで休場してたから、横綱一人のいまみっつな場所になってて、もう飲むしかないね

6時に終わって帰ろうとしたら、そうこんな感じで、お相撲さんは草履で寒ないんかいな、と思て聞いたら「寒いっす」、そりゃそうや(笑)

地下鉄は駅毎に5分以上も止まって、結局2時間半もかけてやっと帰ってきたら

JKムスメはわざわざスキーウエアに着替えて、一人戯れてました(爆笑)

 

ぷらっと名古屋


2018年01月18日

1月18日、、、早いね、良いお年をって言うたと思てたら、もう一月も半ば

今年も残すところ348日、皆さまよろしく(^-^;

さて、成人式の日のこと、この日は次男の成人式、、、やけどオヤジは洋ナシ、いえ用無しで、ボクは

のぞみでなく、こだまに乗るわけで

実は大阪にいる弟と、中間の名古屋で日帰り宴会という段取りで、

そしたら「ぷらっとこだま」っていう切符があり、これやとグリーン車でものぞみより2000円も安い、ただ、普通の切符やのうて、旅行券なので、変更、キャンセルはできひん、つまり乗り遅れたらただの紙切れ、っていうちょっとドキドキな切符で

でもこの日はちゃんと起きて、8時前には東京駅に着いてて、そしたらボクよりも早くこだまも着いてて(笑)

こだまのグリーン車は1両ボクの貸切で

名古屋までのぞみなら1時間半やけど、こだまは3時間(*_*;

というのも、品川、新横浜以外、大半の駅でのぞみの通過待ち、しかも毎回5分以上、そりゃかかるわ3時間

けど駅と駅の間は新幹線らしく、気合入れて走ります

小田原、三島、新富士、静岡と止まるたびに買い足してたらこんなことに・・・名古屋で飲まなあかんのに、大丈夫かボク

酔った時にちょうどええ漫画、芸人と高齢の大家さんとの関係がオモロイ

ウツウツ、、、としたら終点名古屋に到着、結局この車両には静岡から化粧の濃いおねーさんが一人乗ってきただけ、、、

で、弟と名古屋駅で再会

今回名古屋で昼酒&ご飯、、、どこがええか、、、友達に聞いてみた

というのも名古屋は20代と40代に一回ずつ出張で行っただけで、実は名古屋の事なぁんも知らん

で教えてもろたんが駅ナカ居酒屋、知多半島に本店がある、まるは食堂さん

ランチ時なので、夜のメニューがなかったんで、店長さんらしき人に、いーぱい飲むから夜のおつまみお願いできませんか?ってお願いしたら、快諾してくれた!!

ええぞ、名古屋

で、ビールのおつまみは知多産の活き〆ヒラメとハマチ、ヤリイカ、クルマエビの踊りにサザエのお造り、うんうん、ええスタート

やっぱり名古屋はえびふりゃー? (タモリが言うただけか)

天ぷらもエビ

いろいろ食べて、ハイボールやレモンサワーをしこたま飲んで、、、最近のいろんなことを話して、笑うて、ちょいと疲れたからお会計したら、まぁお安い、ええど名古屋

弟が帰る前にお土産買うというので、

クロワッサンがちょー有名なお店で

ボクも並んで買うた、、、けど聞いたら本店は渋谷で新宿にもあり、東京以外は初出店、、、ってボク、、、東京に持って帰るねんけど(^-^;

他にも名古屋らしいお土産も買って、

まだ帰りの電車まで1時間ほどあったので、名鉄百貨店のお寿司屋さんで二次会

大阪出身という板さんから聞いたら、こちらは築地本店のお店で、お魚は築地直送ですって( ;∀;)

あちゃー、またやってしもた

しゃあないから、シイタケとゲソを焼いてもろて、ぬる燗連発攻撃

おかげで、二人ともヨロヨロしながら

名古屋駅でお別れ、帰りののぞみはまんちくりんで、静かに寝いってしまい

その夜は成人式でいない次男と奥方は抜きにして、

ムスメと長男用に買ってきた味噌カツ、鶏もも照り焼きにみそ焼きに、かのクロワッサン

夜はお惣菜名古屋メシで〆たのでした。

名古屋メシ、、、まだ全く知らんから来年も行こうかな!?!(^^)!

久しぶりな長野のお年取りと二年参り


2018年01月11日

ムスメは昨日から修学旅行で沖縄!!・・・朝でも16度らしい、ええねぇ沖縄は!(^^)!

さて、年末長野のお話の続き

朝から快速電車を乗り継ぎ6時間かけてワイン3本飲みつつ戸倉駅に降り立ったのは4時すぎで

次男が駅まで迎えに来てくれてて、ちょいと買い物しつつ、オカンのオカン、、、俗に言う義母が住んでるマンションへ

相変わらずバブリーなとこで、まぁ実際バブルの頃にできたリゾートマンションらしいんやが

一階には温水プールもあり、駐車場にクルマを置いた次男はすぐに飛び込み、ムスメと姪っ子と3人でシンクロ遊びしてたりして

ボクは先乗りしてた皆さんにご挨拶しつつ、お年取りの準備スタート、で

ボクの役目はカニをばらすことと、ローストビーフを作ることで、毎年恒例(^-^;

「お年取り」とは、大みそかに一年間無事終えることができました、っていうことでイチバン豪勢なご飯を食べることらしく、長野とか東北の一部の文化らしく

結婚して20数年、初めて知ったときは度肝を抜いたけど、いずれにせよ美味いもん食べれるのは有り難いことで、

バタバタ大掃除しながら紅白横目に晦日蕎麦ススって、さぁお宮さんに初詣行くで、な大晦日よりよっぽどええ訳で、

そうそう長野では初詣のことを「二年参り」をいい、この言葉方言やで、って言うとケンミンショーのごとく一同「えーーーーーーーー」となりますねん(^-^;

で、お年取り

お節も食べます、、、元旦みたい

ないのはお年玉だけで、どないみても元旦な色合いで

ここにきて、〆がお蕎麦で、ようやく大晦日

で、昼からワイン飲んで、お年取りでシャンパン、日本酒といただき、不覚にも恒例の爆睡をしてしまい、あっと言う間に紅白は終了

今年はそんなに寒くない、ということで「二年参り」

行先は千曲川沿いにある「佐良志奈神社」(さらしな)で、地元では由緒正しきお宮さんで、なんでこんな字でさらしなと読ませるんか、、、は誰も知らんねんけど

もちろん元旦なんで、1時過ぎてても、宮司さんも地元の高校生のバイト巫女さんも笑顔で、お屠蘇を2ハイもいただき

おみくじは「大吉」

佐良志奈神社にお参りしたあとは、更科の里豊年屋という、こちらも昔からあるお蕎麦屋さんで年越したそば

おしぼりうどんていう辛み大根の搾り汁に味噌を溶いて釜揚げうどんを食すのが、蕎麦長野の中でも戸倉独特の食べもんやけど

こちらでいただいたのは初めてな、おしぼり蕎麦、、、うどんの方がええかな

で、冷え切った身体には温泉が必要で、マンションのお湯は

夜中も営業中で

さすがにこの時間は貸切

硫黄の香りムンムンなええお湯

翌朝は快晴

お昼過ぎから

お節の残りに、飽きるからすき焼き(^-^;

長野のお年取り+元旦お節+お節に飽きたらすき焼きだよね、な年末年始でした。

でったい太ってる!!

今年もよろしくお願いいたします!!