• お店紹介
  • メニュー
  • キャンペーン
  • ブログ
  • ご予約・アクセス

いい風呂は草津の老舗


2018年12月06日

今年の師走、暑かったりさぶかったり、ジェットコースターみたいな天気やね

お店もジェットコースターにならんように気つけんとあかんのでPR

ほれぼれの「厚切りタン」はなんで少ないのか話

実はウチの厚切りタンは、単にタンを厚切りにしただけでなく

タン1本のいっちゃん根元の“タン元”と、いっちゃん先っちょの“タン先”だけを使ってるので

タン1本からたった1人前しか取れないんです。

その代り、タン元はも~とも脂が乗ってて、タン先はも~とも筋肉質なんでコリッコリッなん、でこの2種類の極端な触感を一番楽しんでもらいたいので、「希少」なメニューなんです。

もしご来店の時に「厚切りタン」があれば、ぜひお試しください。

 

さて、先月の日記、、11月26日は「いいふろの日」でした。

24年前のこの日は、結婚式の日で、つまり今年は24回目の結婚記念日ということで

どこかに行こう

で、実はスキーで行ったことあるのに肝心の温泉に入ったことない、「草津温泉」にGoということになり

クルマで、と思ったけど、予約した時に11月末は凍結とかも想定されるので気を付けてくださいね、ってやさしくお声かけられたら、萎えてしもて、人力に頼るは・・・

新宿から一直線な高速バスで、月曜の8時というのにほぼまんちくりん(+_+)

で、クルマなら家から3時間なところ、新宿から4時間かかって、お昼にようやく到着、ちかれた~

さっそく草津でいっちゃん有名な「湯畑」っていう中心地に行くと

ちょいと曇天やけど

公園の真中の池みたいなとこが全部エメラルドグリーンな温泉になってて

木製の枠がいーぱいある

どうやらその木枠にこびりついた「湯の花」をこすげとって売るらしい

けど、ほんまチョビットしかとれないから、貴重でめっちゃ高いとか

(松田優作風に) なんじゃぁぁぁぁ、これはぁぁ!!!!!!

もちろん全部、、、、温泉!!

硫黄の匂い満載なお湯がドボドボ、ザーッ、ゴーッって出てる

毎分4000リットル、、、想像つかん、これが草津か!!!

なんだかこの香りと大量のお湯は、

有馬温泉も別府温泉も南紀白浜温泉も強羅温泉、、、とにかく日本の温泉でこんなんみたことないで

さらに徳川家はこのお湯を江戸城まで運んで、沸かして入ってたとか、めっちゃ贅沢やん!!

 

温泉入る前から、とにかくビジュアルと香りだけでも期待特大!!!!

で、一回りしたら、とあるお方からおススメしてもろたとある、いやイタリアンなお店にGoで

グラスワインにシェフの気まぐれサラダ、これどこでもあるけど、だれが最初に「気まぐれ」ってつけたんやろ

このドレッシング、久しぶりでなんだか懐かしくも秀一なお味

なんだかこちらも期待大で

草津は期待だらけなわけで

お店の名前がついてる「月の井スペシャル」なるピザは、

イタリアからもってきたナポリの窯で焼かれたピザで

地元のキノコたーーーーーぷり、キノコ嫌いなウチのガキ共が見たら卒倒するわ(^’^)

大変美味しゅうございました、ご馳走様でした。

あとで知ったんやけどお会計の時に上品なお姉さまが担当してくれはったんやけど、今宵泊まる老舗の大女将さんやったらしい、若い!!!

ご挨拶しときゃよかった。

時計はまだお昼の1時すぎで、チェックインまでの間、お散歩で、

草津には湯畑を含めて6つの源泉があるらしく、そのうちの一つ「西の河原」、サイノカワラて読む源泉を巡って散歩、で

これ普通の川でなくて温かい温泉

ほら湯気がなんとか写ってる

さわるとチョーぬる燗ぐらい、30℃ぐらいやろか

これでーんぶ温泉、草津恐るべし

どうやら草津はほかの温泉みたいに地下何十m、何百、いや最近なら1000m以上もやけど、そんなに掘ることもなく、そこいらからボコボコボコボコ湧いてくる、すんごい温泉みたいやね

今度ブラタモリでやってもらいたいわ(事前に調べたけど草津はやってなかった)

ということで、散歩を終えて、チェックインに来ました、ホテル一井さん、今宵お世話になりま~す!!

・・・つづく

“いいニクの日”なお話と念願ご飯


2018年11月29日

ええ天気です、今朝は半年ぶりにテニスごっこしてきて、ええ汗かいてきました。

今日は11月29日、、さて何の日?

そう年に一回の【いいニクの日】です

今年はなにしようかなぁぁぁ、で発表~♪

本日のみ

大人気「ほれぼれセット」(とも三角・ヒレカルビ・5秒ロース)をオーダーされたお客様には

もれなく「タン塩」をプレゼントします!!

ただし、こちらをご注文されたお客様にはお支払は現金のみとさせていただきます。(赤字覚悟なものでお願いします)

 

えー本当は今週連休をいただき遅~い夏休みをいただいたので、その日記も綴らなあかんねんけど、その前に素晴らしい地元ランチをいただいたのでその日記

それは定休日の前日、日曜のお話で

朝九時にお店に行き、WAXをかけてもらい、仕込みをしつつ、一段落したのは、11時で、、、たまにはどこかに行こうかなぁぁぁ、って思い、ふと思いついたのが

ここ、調布と布田の中間地点におるお店(二軒並んでる左側のお店)で

看板はない、店の名前もない(ネット上では「アナログ」と表記でてきますが)

お魚がピカイチとかで

過去何回もランチに行ったけど、どうも不定休とかやって、一回も開店してるの見たことなかった、摩訶不思議なお店で

今回、11時半にたどり着いたら、あらま、初めてお客さんが並んではる、これはオープンするんか!!

ちょうどオーナーさんが開店を告げに出てきはって、お客さんは続々と中に、、、ボクは最後尾で

初めてやから、この回で入れないと、またしても食べられない訳やったけど

なんとか10席ほどのお店に最終で座ることができて、ホッとしたりして

キョロキョロ眺めるも、メニューはなく、お客さん全員に熱いお茶が配られてから

端から順番にオーダーを聞くシステムらしく、その際に手書きのメニューを見せてもらって、さっさと選ばな次のお客さんに迷惑かかる訳で、ビビッてたら

どうも僕以外はでんいん常連さんらしく、〇〇さん何にする?とか聞かれて、ささっと応えてるから、シロートのボクは6番目に聞かれるのわかってたから、遠目でメニュー見ながら、構想しつつ

で、僕の番がきて発見したのは、メインのほかにサイドが10以上あって、そのどれもが単品100円のちょっきり価格やから、みんなようけ頼んではって

もう初めてラーメン次郎に来るドキドキでなんとかオーダーでき

一斉に注文が終わり、時計見たら15分経ってる

さあお料理スタートで

オーナーはキッチンのキーキー箱(発砲)からおもむろに金目鯛とカレイを出して捌き煮込みの寸胴に入れ

塩焼きの炭を確認して、ほっけを焼きホイルして

カツオとブリを取り出してカツオはバーナーでたたきにして、どちらもお刺身にして

そして一人2-3品頼んでるサイドメニューをカウンター上に作りだし

ご飯とお味噌汁を用意して、テキパキで

はい、お待ちどうさま

金目鯛の煮つけにカツオとブリのお刺身、塩辛、カブ漬、ピクルスの一品3点とお味噌汁にご飯

金目鯛はまーくろな煮つけ汁やけど、見た目ほど甘辛くなくサラッとしてて、煮加減がとにかくちよーどええ、脂もよう乗ってて

お刺身はカツオが抜群で、バーナーであぶって数分放置なのに、冷たいカツオにほんのりな焼いた皮目はええわ、鮫皮で下した山葵がよう合うてはる

一品も美味しい、特にお魚しかないお店のピクルス、これが一番気に入りました、勉強になります。

キッチン正面に

4年目の目標 俺超減酒。」笑

ご馳走様でした、美味しゅうございました。

日本酒がメインらしく、お昼呑みのお客さんもいてはりました

聞いたらランチは金曜と日曜のみ、そして日曜の夜と月曜は終日お休み、とのこと、これではボクは延々夜に伺うのは無理です、ランチにまた伺います。

揺れた濡れた泣いた食べた


2018年11月23日

そろそろ忘年会、、、

いつも同じコースばかりで、たまにはちゃうの食べたい、とか

ご要望がありましたら、ぜひご相談ください。

今年から「お客様のわがままコース」も作りました。

できることはできる限りご要望にお応えしますよ~(^’^)

 

さて、最近というかここ2週間、えらい話題になってる

先々週の月曜日に奥方と行ってきました

調布のイオンシネマ

人生初めての4DX !!

こんなシートが動くらしく

なぜか上にはでっかいファンがあったり

カップホルダーの手前にはWater on/offなボタンも

なんだかいろんな仕掛けがあって

しかもビール買おうとしたら

「4DXでのアルコールは禁止されております」

なんてびびらされて

確かに映像に合わせてしょっぱなからシートが前後にぐらぐらと揺れて

(ライブで揺れるならまだしも、フレディー・マーキュリーが移動でスーツケースガラガラひっぱるシーンで揺れた・・・いらんやん)

映画はマーキュリーの伝記で、

というよりドームの最前列で2時間ライブ観てるような映画で

途中何回もプシューって水がかかってメガネが濡れて鬱陶しいからスイッチはoffにしたけど

ずーっと揺れてて、気になってしやあないがな

けど、この映画はよかった

最後のライブのシーン、なんでやろ、涙腺弱って、、、、ポロポロポロポロ、、、、

15分以上も泣いてしもた

悲しくて泣いたわけとちゃう

涙が止まれへんかった、、、

けど4DXだけは要らん、フツーの席でもう一回観たいかな、、、

そして、胃がおおきく揺られたからか

お腹が空いた訳ではないのに、口はトンカツになってしまい

以前行ったロマンシングトンカツをすんごく食べたくなって

調布から分倍河原へ移動、駅から10分の離れたお店で

とりあえずホッピーから、焼酎は冷凍なやつで、、、隣に冷酒もいたはったりして

まずは10分以上かけて揚げてはった厚切りヒレカツ

ほどよい綺麗~なピンクで、しーとりしてて、さすがな揚げ方です

お肉もジューシー、ソースはちょい酸味で

そしてこちらで初体験な厚切りロースかつ

ロースの脂と肉、どちらもほどよく揚がってる

脂と肉と揚がり温度が違うけど一度に揚げないとあかんから難しい厚切りロース

このロースすんごく美味しかった、次からヒレやのうてロースにしよ

そして一品シリーズはエビフライ2本、カキフライとコロッケ

プリプリの太いエビ、噛むと真んなかはしっとり、レアな揚げ方で

あーーーーーー、お腹いーーーーっぱい

揺れた濡れた泣いた食べた定休日やったわ(^’^)

 

 

え~半額以下!!


2018年11月15日

エー天気ですなぁ

これこそ秋晴やね

もみじ見たいなぁぁぁ、今週は雨予報やったから、来週こそ!!・・・雨予報なんですけど(+_+)

 

定休日の夜は、前回お話した大量アカメフグを食す会!!!

ちょうど一週間冷蔵庫で寝かしたら、身はしーかり熟成しつつ、けどこれがビックリな歯ごたえで、これならOKで

いろんなYOU TUBE参考にして、再認識したけどむつかしいてっさはこのお皿が二枚(フグは二重です!!)

そしててっちりのふぐは、8人でなんと80切れぐらいあります

実はこの日は姪っ子の20歳の誕生日の翌日やったんで、姪っ子家族と一緒にフグ三昧、、、いやはやええ夜でした。

 

さてその日の朝のお話

クルマのバッテリー

最近のバッテリーはバッテリー液を補充したりでけへんので

突然プツリと切れることがあるらしいですな

で、うちの車のバッテリーそろそろ5年

替えなあかん時期、というか使いすぎ、いつ飛んでもおかしない

以前車検と同時に交換してもろたら5万

で、今回先日黄色い帽子なお店で見積ってもろたらやっぱしそんなん

うーん高いなぁぁぁぁぁ、、、て、お客さんに話てたら、あそこ行ってみたら、って

市内にあるとあるバッテリー屋さん(そんなんあったんね)

事前に電話して話てみたら、サイズがあればすぐ、なかっても取り寄せで後日交換でけます、って

で一度持って行って診てもらったら、やはり急いで交換必&取り寄せ、と

で、定休日の雨上がりなアサイチに車を持っていくと

すぐその場で交換が始まり

もう(-)のとこは青い粉みたいなもんがふいてます(熱湯をかければすぐに取れるらしいですが)

取り寄せしてもろて2日後に届いてた同型のバッテリー

ナットを外してバッテリーを取りはずす

メッチャ重たいらしく

「持ってみる?」て言われたんで古いのん持ったら、まぁ石の塊、8キロですって!!

で、交換する前に予備バッテリーを付けて(最近の車はいろんなとこで電気使うてるから、これしとかな、全部リセットさせることもあるとか・・・)

で、あーというまに取り付け完了!!

おかみさんにおいくら?って聞いたら

工賃込みで2万円!!!!!!!!(某チェーンの半値以下やん)

おかみさんも職人さんも社長さんもみーんな優しいええ方で

どーもありがとうございました<(_ _)>

(有)久保商会 調布市上石原1-29-2   042-485-2545

惚れ惚れカップ秋編


2018年11月08日

オレンジのメガネにヒビが入って先週修理に出しました・・・

仕方ないので昔のちゃっちいメガネをかけてたら、、、

ん?それ以降毎日お店はドタバタな忙しさが続き

そして今回の「惚れ惚れカップ」、、、結果から先にバラスとたぶん二回目の釣行で

あれまな「ツ抜け」(10尾以上のこと、9までは3つとかみんな「つ」が付くからですって)

なんと昨日まで絶好調が続いてるんです、、、このままメガネかけてよかなぁ(^_^;)

で、年に2~3回

釣りの師匠がボクに合わせて有給をとっていただき

しかぁも、ボクは開店以来8年間釣りを年に2回ほどしかいかなくなったので

竿もリールも使い物にならず、

師匠に準備していただくという大名釣りが師匠命名の「惚れ惚れカップ」で

この月曜は息子が占領しててクルマがなかったので

初の電車釣行

始発で渋谷、品川から金沢八景まで1時間40分

この電車でギリギリ出船に間に合う訳で

万一トイレに行きたくなって一本次になったら、出船に間に合わない、という緊張感バリバリな乗換案内で

なんとか無事6時40分に金沢八景駅に着き

曇天の中、7時15分定刻の出船

今回はこんなひっかけの針が付いた「かっとう釣り」ていうのでアカメフグを狙います

アルゼンチン赤エビを付け、これをつついてくるフグを下のカットウでひっかけるというスタイルで

水深は10mもないところに、そーーーーーーーっとおもりを落として(ドン!って落とすと魚がビックリして逃げるからね)

海底に着いたら3秒間隔で20cmほど上げる、そしてゆーくり落とす

これの延々繰り返しな訳で

8時過ぎにぐいぐい引いたんでガーーーっと合わせてリールを巻くと、やったぁ第一号のアカメフグちゃん!!

小型やったけど、釣りにいってボウズだけは勘弁してほしいんで、メッチャうれしい

ほんで、なんやこの引きは・・・て上げてみたら、これはウレシイ外道、この時期オンリーな肝パンなカワハギちゃん

お昼を過ぎて、まぁ5ツぐらいかな、、、師匠は8つぐらいかな、てワイン飲みながら竿を持ってたら

ググーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ、キターーーーーーーーー

この日一番なアカメさん、30cm近い、1kg・・・はないかな

でっぷりしたええ子です

バケツに網をかけとかないと飛び出してきます

そして3時に終了、沖あがり

師匠も満足

そしてボクは・・・

絵!!数えてみたら10尾、師匠よりも少し多かった!!!!

こ・れ・が冒頭のメガネ力(笑)

アカメフグには皮もヒレももちろん内臓にも猛毒があるんで、船頭さんが一人でお客さんのすべてのフグを身欠きにしてくれます

これ帰ってお魚をいくつもおろさないでええんでラクな釣りですわ

船頭さん、毎日何十、いや多いときは百を超えるフグを捌いてはるんで、そんじょそこいらのフグ免許もってはる板前さんよりよっぽどお上手なわけで

結局この日はアカメフグ8、ショウサイフグ2、シロギス1、カワハギ1

想定以上の出来で

けどアカメフグというのは釣ったら数日間寝かせて熟成さしてから食べるフグなので

この夜は、ショウサイ、キスをカワハギを厚切りの刺身で、たっぷりのカワハギのキモに少しお醤油を垂らしてガバット食べる、という痛風まっしぐらな釣りたてご飯でした。

来週はてっさとてっちりです!!!

師匠、ありがとうございました!!!!

PS)野毛屋さんのフェイスブックに載った、いっちゃんデカいフグちゃんでした