• お店紹介
  • メニュー
  • キャンペーン
  • ブログ
  • ご予約・アクセス

長いことありがとうな!!


2019年08月08日

昨日はビックリしたね~

令和の一大事、いえお慶び

お・も・て・な・し

小泉議員と滝川クリステルさんのご結婚♥♥

山ちゃん&蒼井優を軽く越えたな

本当におめでとうございます!

いい日本にしてくださいね。


しかし暑い

いやもっと暑かった日記は2週間前の定休日のことで

実は長年乗っていたクルマを手放すことになり(泣)

奥方とたまたま部活が休みになったムスメの3人で

その日は最後のドライブ

お昼前に千葉の海上自衛隊の館山航空基地までやってきた。

目的地はその裏にある「沖ノ島」、日本の珊瑚の北限でとても海水のきれいなところで、ムスメとは3回目

当日は梅雨明け初日で、とにかく暑かったわ

12年で8万キロ、大阪や長野の実家にも行って、釣りにもよく行って、まだ小学生やった子供たち3人も、ボイジャーさんには大変お世話になりました。

沖ノ島・・・ていいつつ、陸とつながってる島で、砂浜自体はそんな真っ白ではないけど、とにかく透明度は東京近郊ではビカイチ

けど、梅雨明け初日、海の日の翌週の月曜ということもあり、まだまだ海は空いてます、ていうか、もともとここはそんな混んでないのよね

ホントに空いてる、綺麗、波も静か

上から見ても、小魚がわんさか遊んではります。

ピンクの船は

海中が座席から見える観光船で、どうやら上から撒き餌でもしてるのか

船がいなくなって、このポイントに潜ると

30cmぐらいのイサキみたいなお魚さんからカラフルな小魚さんたちもいっぱい遊んではって

ムスメと潜るんはこの先もあるんかな、、、なんてこっちは思いつつ、JD生やのに2時間も潜り続けてるムスメで(^_^;)

キラキラキラ、、、心が洗われる、実にええとこです

ムスメと海に来るのはもうないのかも、、、なツーショット

最後にこんな写真も撮ったりして

こういう日の1日は、あーーーという間に終わるね。


パジェロから始まった4台目の我が愛車、長年ありがとう、お世話になりました。

翌日業者さんが取りに来て、お別れをしました。

5台目はお盆明けに我が家にやってくる予定です。

ていうか、今は休みも週一で、ほとんど乗ることがなくなって、、、、この先、要るんかいな・・・ww

 

お盆は8/12月曜のみお休みいただきます。

 

昭和プライスな朝


2019年08月01日

ついに8月突入!!

夜中のエアコンでノド痛い人・・・ハイ、ボクです(^_^;)

気をつけませう!!


7月のとある金曜日

この日は一年ぶりの健診

木曜のお昼を食べてから、水だけ飲んでた丸一日

金曜の朝9時の予約なんで、8時半に病院に着き駐車場も目の前が空いてて

受付済まして、9時から検尿、レントゲン、身長体重、心電図、採血で、後日検便で終了、まぁサラリーマン辞めて、社会保険から国民健康保険になったらここまで簡素になるとは・・・毎年のことやけど

検査は朝一番の予約やったんで、実にスムーズに終え、会計済ましたらまだ9:13、実に13分の健診!(^^)!


さて、クルマに戻り、走ること5分、いつものところに

三鷹の

いしはら食堂さん

かれこれ25年以上は通ってる、ていうか年に数回ですけど

メニューは相変わらず変わりはありません

若干値上げしてはるけど、それでも野菜炒め180円、生姜焼き280円、しかも内税

カキフライ330円、メンチカツ一つ100円、2つ180円

単品に200円プラスすると、ご飯とみそ汁とお新香で定食に!!

実は家から歩く距離ではないので、いつもクルマやからここでお酒を飲んだことはないけど

菊正宗は280円!!

この価格帯、どこのお店よりも安いのでは????

昔は何回かこのお店はテレビでみたけど、孤独のグルメは断ったらしい

で、毎回悩むんやけど、選らんだ朝ご飯は

生姜焼き定食に塩鮭とメンチカツ2つ(サラダとオレンジ付)・・・840円、あっぱれ!!!!!


もちろんオーダーしてからお父さんが全部手作り、すごいし、美味しい。

なんちゅうても、この価格で40年以上やってはって、

朝6時開店と書いてあるけど、実際はお客さん来るから5時開店で、

三鷹駅近くで駐車場もあって三階建のご立派な自宅まで作られたのはスゴイです。

むかーしからいるおばちゃんもお元気そうでなにより、で

夏休みは3週間!

ゆっくりバカンスしてください!!

ご馳走様でした。


そして、実は10年以上お世話になった愛車は、近々手放すことになり、本日は最後の洗車に

いろいろと調べてみたら、なんとメッチャ近場に、

洗車機械でなく、プロの手洗いでメチャ安い洗車場発見

恐る恐る行ってみたら、ご年配のプロがお2人でせっせと洗車中で

待つこと5分、ボクのクルマもお願いしたら

まずは丁寧に手でアルミホイルを洗っていただき

そしてシャンプーかけてデッキブラシで丁寧に洗ったあと高圧洗浄機で

実に15分間も流す、流す、流す

最後は綺麗に拭いてもらって、1200円

ありがとうございました!

次のクルマもよろしくお願いします。


令和の時代やけど、三鷹エリアには、昭和プライスが元気に頑張ってはります!!!

な、朝の時間でした。


 

終わりよければすべて良し?


2019年07月25日

どうやらやっと梅雨が明けそうやね。

今日からギンギンな真夏が始まるんかな!?

それはそれでキツイ(^_^;)

 

今朝のアサイチで焼肉にキュウリのソースていうのやってはった。

キュウリに白ワインビネガーとすだち、塩コショウでーに水を足して煮込むという不思議なソース、一回トライしてみないと・・・

こんなサッパリしたソースなら真夏でも食欲が湧くからね!!

 

さて、今週月曜の定休日の日記は、こんなところから

産まれて初めて千住大橋という駅で降りて、テクテク歩くこと5分ほどで到着。

実はこちら豊洲とならぶ中央卸売市場

で、もっと早く来ようと思てたんやけど

この日は朝から、カード取扱会社に電話したり

損保会社に保険の相談したり、クルマ屋さんにも電話したりと雑務山盛りで、急いできたものの時計は12時半

お目当てのお寿司屋さんに入るも、

ジロッて見られて(まぁ短パン、Tシャツにサンダルやけど・・・市場やからね)

「ご飯終わりました」って言われて

「いやお造りがあればええんですけど」って言うたら

(ちょいと間があって)「それも終わりました」ってつめたい対応・・・なんか断る理由を探してたみたいな・・・それやったら暖簾出しといたらあかんやろ!!!

まぁ仕方なく、並びにある別の食堂へ

お刺身定食ご飯抜きに明太子をお願い

ん(+_+)

見た目からしてドンマイやん

マグロ、、、黒ずみすぎ、イワシちょいと臭い、赤貝ふにゃふにゃ

これはマズイ、と退散

なかなかこのエリアに来ることはないので、もう一軒いってみよう、と徒歩五分ぐらいのお寿司屋さんに行き、ぬる燗を頼んで、カンパチとか鯛とかありますか?

って聞いたら、白身はヒラメとスズキだけって、ではお造りでってお願い

う~ん、、、まぁ東京やから仕方ないけど、あまりにも熟成しすぎ

しかも、どうもこれだけやのにさっきの刺身定食2人分行きそうな気配を感じて、お会計、やっぱし2人分でした_(._.)_

で、結局京成線に乗り日暮里へ、そこからプラプラサンボしてたら西日暮里に到着し

なんかもひとつ食べとかなあかんなぁぁぁ・・・

やっぱしお魚に未練があって、とある個人店に

大きなお店で、とりあえずカウンターでハイボールにお寿司を

一貫ずつ頼めるというなんとも優しいお店

で、カンパチ二貫と鯛とイカ

期待をもって一口、、、、、、、、、メッチャ酢飯がぬるい、いや温かい、いやそれよりも熱い、とにかくいまだかつてない温度の酢飯で、一口でギブアップ((+_+))

千円札一枚で済んでよかった、もっといろいろと食べたかったけど、頼まんでよかった、危ない危ない

だんだんイラついてきて、こうなりゃ駅前のチェーンな立ち食い寿司に!!

で、四軒目

魚河岸なんちゃらのお店は元気で、とにかく明瞭会計で

ケースを観たら、なんと光ってる子がいてはるんで、これをお願い

ヒラマサ、、、これは良かった!!!

うんやっと出会えたって感じで

ガリ酎を頼み、卓上のガリも追いガリしていただき、ヒラマサお代わり、でヒラマサ終了、ここでほかに手を出して後悔したらあかん、と良い子は学習して、15分でお会計

気分が良くなってプラプラしてたら、こんなことにこんな店が(^_^;)

大阪人としてはソウルフードやからご挨拶しとかなアカン、やろ

もうそんなに食べられへんから、両面よく焼きでお願いして、お腹いーぱい

終わりよければすべてよし・・・って言いたいけど、最初のお寿司屋さんにはいまでも腹立つ

飲食店は味はもちろんやけど、何気ない一言や素振りでお客さんが逃げて行ってしまうことを実感、ウチもたぶんあるはずです、反省しきり、なランチタイムでした。

みなさん、ご馳走様でした。

うどん県!?はホンマか? 終


2019年07月18日

まだまだジメジメな梅雨が続くね

関東の日照時間は何十年ぶりかの酷い状況で

この界隈の農家さんも悲鳴をあげてらっしゃるとか、地元JAの方から聞きました。

暑いのも困るけど、お日様がもうちっと頑張ってくれないとねぇ。

 

さて、ボクの単なる日記は、6月末のすんごい晴天続きの四国で

小豆島に泊まって、最終日、朝ご飯はサラダぐらいに軽くしといて

メルセデスのレンタカーで東の方へ

ええ道で気持ちよくって、たどり着いたのが

小豆島で唯一の生そうめんのお店

伸ばして伸ばして天日干しで乾燥させるんではなくて、扇風機で水分を少し飛ばしてすぐ茹でる、、、らしい

メニューは普通盛か大盛りのみ、これは生そうめん普通盛

薬味はネギと生姜だけ、実に潔い

見た目からして、つやつやなそうめん

小さいころはおかんが氷水に入ったそうめんをどーんと持ってきて、はよ食べや、言うて食べたけど、あの食べ方は涼しいけど麺が伸びるわな

さて、生そうめん、

食べてびっくり

さらっさらでもっちり弾力もコシもあって、生まれて初体験なのど越し、これはすごい!!

小豆島に来て思たけど、今回いろいろ食べたそうめんもつるっって一気に飲めたけど、これはそれを上回る。

香川はうどんも噛まへんと聞いたが、そんだけのど越しがええわ、東京で買うスーパーのそうめんとえらい違い・・・まぁ安いそうめんやからかもしれんが

 

で、お昼になったから残念やけどレンタカー返して

フェリーに乗り1時間で高松港に到着。

 

さぁ、香川〆のご飯

お邪魔したんわ高松駅ビルにある立ち食い寿司屋さん

ハマチがウリと聞く

ネタケースには鯛とハマチが

ただ、とーーーーーーーーーーても残念やったのが、ハマチの腹がなかった

 

けどねねねね、ここのお兄ちゃんが、

「ハマチはものごっつぅ自身がありますねん」

と聞いてとりあえず鯛とハマチね

一皿に一緒に盛ってくれて・・・まずは分厚いのがええね、ほんで鯛はコリっコリっで美味い、ハマチも背やけどメッチャコリコリやん、しかも腹ちゃうけど脂乗ってて甘い、うーん腹が食べたかったぁぁぁぁぁ

これ実は4回お代わりした、お兄ちゃん笑ろてた(^_^;)

あまりにハマチを褒めて、食べたんで、こんなんもあります、と言われたんが、ハマチの血合いを取った後の、握りのタネとの間のお肉、名前は忘れてしもた

これ、さーーーぱりしてて、すんごいコリコリで、脂はないけど甘みもあって、これも素晴らしい、ええぞハマチ、秋ならもっとええねんやろな、、、養殖やからそんなに変わらんかな・・・

高松に来て初日のお昼から実に5軒で瀬戸内のお造りをいただいたけど、このお寿司屋さんがダントツ1位やん

メッチャ美味しかった、時間があったらもっと食べたかったわ

 

そして高松空港で出発時間までに最後の高松ごはん

やっぱしおうどんですね

先週ケンミンショーでもやってたけど、

讃岐うどん=ぶっかけやぶっけん温玉という食べ方は歴史的にまだ20年ぐらいで新しく、40代以上の人は食べたことないという人も結構いたはって、大半の香川県民はかけうどんか肉うどんやで、と初日の夜のお店で教えてもろて、そういゃ肉うどん食べてナカッタわ

ということで肉うどん(^_^;)

いりこ出汁にも負けへん牛バラとの組み合わせは、これはこれでありやね

そして新参者・・・らしい

ぶっかけ温玉、なるしろもの

確かにうどんのコシは一番わかるけど、やっぱし個人的には出汁がええかな
香川のお店のみなさん、本当に三日間ご馳走様でした。

 

タイトルの「うどん県!?はホンマか?」・・・・

三日間でうどん3回、そうめん4回、いただいた

結果、初日の食べ終えた魚の煮込み汁にドカッと乗せた温かいにゅうめんが、一番美味しかったかも(家でもできますね、ただし安いそうめんはあかん)、その次は生そうめん、で、うどんかな

うどん県がわかりやすいけど、「おそうめん」をもっともっと露出してあげてほしいな

そうめんが本当に本当に美味しいと思ったわ

 

そして最後の立ち食い寿司が抜群に美味しかった

番外はメルセデス、、、格安で面白かった!!!

 

ありがとう香川県!!

 

うどん県?は、ホンマか!? 3 小豆島篇


2019年07月11日

『しゃぶしゃぶ焼』 って知ってます?

「知らない」そりゃそうです

ボクが勝手に付けた焼き方やからね。

お客さんはどうしてもお肉を鉄板に置いたら安心してお話してしまう、お酒を飲んでしまう

で、お肉はちょいと放置プレー

あかん!!!!こっからが勝負やねんから。

焼肉は最終調理士はお客さんやねん、ボクは切って提供するだけ

せやからお客さん、焼肉が美味しいかそうでないかは、貴方次第やねんで!!

て、言い続けて10年、一向に伝わらない((+_+))

で、焼かせてもらうと、えええ、こんなに違うの??って言われる。

ということで、いかにお肉をベストに食べてもらえるか、を伝えるために作りました、

それが、「しゃぶしゃぶ焼」

ウチのお肉は開店当初から赤身肉、なんでレアで召し上がれます。

そのお肉をいっちゃん美味しく食べてもらうために・・・・お鍋のしゃぶしゃぶみたいにトングで鉄板の端から端までスーッとスライド、少し焼ける、逆にスライド、もちっと焼ける、を何回か繰り返して、鉄板にくっつかないし、めっちゃ焦がさへんええ塩梅に加熱したジューシーに焼けたお肉を食べる、っていう方法。

でんぶのテーブルにこのポスターがあるんで、よく読んで、ぜひ今度試してください!!!

わからんかったら店長を呼びつけてください、焼かしてもらいます・・・ただしバタバタしてない時ね(^_^;)

 

さて、四国のお話、初日は梅雨やけど快晴、金毘羅さんに上り、はしご酒で爆睡した二日目の朝

ぼくはホテルでバイキング、みたいなんは、でったい食べずに地元のご飯

高松、朝ご飯、これでしょ

今日は小豆島に移動するんで、計画してたうどん店の開店まで待てず、港までテクテク歩いてたら、良さげなお店発見

讃岐やから、ぶっかけ温玉とか頼もうかと思ってたけど、昨日の夜のお店のマスターから、地元の人は普通に出汁でうどん食べてるでぇ~、って聞いて、あら?勘違いしてたん?ということで

入れ放題の天かすと葱をトッピングしたかけうどんに関西風三角なお稲荷さんと天ぷら、やっぱりお出汁が抜群に美味しいわ、うどんはめっちゃコシがある・・・とは思えんけど美味しい!!

あんまし食べたら次が入らないので、この辺で許したるをわ、て心の中で言うて、一路港へ

高松港から小豆島の土庄港まで高速艇で40分

あっちゅうまに着いて、まずはレンタカーを借りに

実は今回、事前にいろんな会社調べて、24時間9900円ていうクルマを見つけて、ホンマ大丈夫かいな!?!?って直接電話して確認してから借りたのが

この子、なんとメルセデスのカブリオレ、これ福沢さん以下!(^^)!

ツーシーターで、しかもトランクは屋根が収納されるので、ほとんど荷物を積むスペースはなし、まぁ大人のオモチャっていうやつかね

で、さっそく乗ってみると、これはオモロイ、足回りもしっかりしてるし、馬力はないけど、上り坂とかは力強い、なんと言うてもたまたま快晴、気温28度、海風感じながら運転するんは、これが島だぁぁぁ!!!

ここはエンジェルロードと言って干潮の時に島まで渡れる道ができるというシロモノも

海はこの左側はすご綺麗でした、右側は港に接してるのでそこそこかな

でレンタカーを借りて土庄という西側から、東側まで海沿いを40分ほど

すんごい立派な新しい食堂(笑)があります

中はジモピーと観光客、まぁ火曜のお昼やからか、、、週末はとんでもなく観光客らしいけど

漁港の隣にあるお店なんで、お造りが美味しいと聞いて

お造り盛り合わせ、、、、ってタコとハマチとネギトロ・・・

期待しすぎたか、ご馳走様でした。

で小豆島といえば、オリーブ、ということでオリーブ公園るものに寄るも、どうやらギリシャの風車があって、そこでほうきを持って魔女の宅急便のキキになって飛んだ写真を撮るのが日本のみーんなの目的らしく(中国のひとはお土産目当てみたいでしたけど)

ハイ、還暦前の奥方も飛んでみました、オリーブ公園以上www

そこから寒霞渓へ、くねくね山道オモロイ、ええクルマや

山頂から瀬戸内海を一望、、、けどいろ~んなお店が閉まってて、ここも以上

結局半日ぐるっと回って夕方ホテルに

車寄せに行くと

「ついに小豆島にも外車のレンタカーが来た!!」ってホテルのおっちゃんビックリしてたけど

「これ一日借りて9900円やで」って言うたら

「えーーーー、今度借りよっ」て(笑)

部屋からもお昼に渡ったエンジェルロードがよう見えます、満潮時には道は無くなるんやけどね

さて、夕食はもちろん瀬戸内のお魚たち

お造りは、前夜に続くオコゼで、

鯛はないんかい!って言いたかったけど、オコゼはオコゼで、もちろん美味しいです

今回渡った目的のひとつに小豆島牛というものを一度食べたかった、正確には小豆島でなく、隣の島で育った牛らしいけど

が、実は小豆島でランチに美味しいお肉を食べさせてくれるとこは、調べたけど無くって、夜のコースに

サイコロ状のお肉が三切れ、もう少し脂がない方がええかな、、けど交雑牛でもしっかり味はありました

夜のコースの横で、中盤からずっとあるのが、地元のそうめんとオリーブそうめん、讃岐うどんの食べ比べ

ここだけバイキング方式で、好きな麺に冷たいおつゆをかけて

もろみ、天かす、葱、ごま油、海苔、生姜、ゴマ、たくあん、8種類もの薬味をお好みで付けて食べれます

まずは素の食べ比べ

びっくりしたんは、そうめんがめっちゃ美味しい、すーっと喉を通って食べてられる、なんじゃこりゃ!!

結局この麺比べ、2杯ずつお代わりして、やっぱしそうめんかな、ってそれからそうめん何回かお代わりして、いやはや魚とそうめん以外記憶ないわ、な二日目の夜でした、ご馳走様でした。

高松の旅食べもんランキング

いまのところ

1位 初日の夜の小松さんのお魚の〆のにゅうめん

2位 2日目のホテルのそうめん

3位 栗林公園の前のおうどん  続く(^_^;)