• お店紹介
  • メニュー
  • キャンペーン
  • ブログ
  • ご予約・アクセス

幸せもろた金曜な夜


2018年08月02日

みなさん、8月です、今年も残り5か月・・・なぁんてね、涼しいね、って言うとかなやってれんわ、な

今月も月曜以外通常営業してますよぉ~!!!!

実は先週金曜日、臨時休業して街にお出かけして来ました。

というのも、8年前のオープン時にお手伝いしてくれたスタッフさんが、このたび結婚するので、ぜひパーチーに、とお呼ばれしたもんで。

臨時休業は厳しかったけど、こんなお慶びは初めてで、そりゃ行かなあかんわ、で奥さんと恵比寿のオサレなレストランに向かい

そこはMBLなお店で、いろんなパネルやユニフォームも飾ってあったりして

広いけど、今回は比較的アットホームなパーチーのためすんごくゆったりしてて

さぁ新郎新婦の登場、で

ちょっと遅れてたから、スタスタな登場で(笑)

乾杯のご発声は、なんとくじ引き!!

突然指名されたお姉さんは、まだ若くて、たぶん結婚式はまだ数回しか及ばれしてへんねん、やから、乾杯のご発声、て言われても何言うたらええのんか、な出だしで

悩んだ挙句、とりあえず、かんぱ~い!!!で〆はった、偉い(^_-)-☆

つづいてケーキカットならぬ、鏡割り

実は僕も20数年前、天狗舞の4斗樽で鏡割りしたなぁ・・・

で、そのあとは、まぁどっから手配してきたの、な横綱御用達なおちょこで

嫁も負けずに一気飲み

そしてご歓談タイムにレストラン自慢のお料理が並び

その間新郎新婦は台車に鏡割りした樽を乗せてご挨拶回り

ぐいぐい飲む新婦(^◇^)

最初は知らん人だらけやったけど、お酒が縁で知り合いになったりして、パーチーはええね

あ!!!!

っという間にお開きになり、新郎から最後のご挨拶

が、ドロドロになりヨレヨレな挨拶に新婦はマイクを横取りしてお話ししてはり

まぁお決まりなシーンでお開き、で

さっちんおめでとう!!!!!

最年長から二番目な僕らは

結構酔いも回り、幸せをいただいて、街に消えていきました(帰らんのかい!!)

 

暑いはキツイな焼肉会


2018年07月27日

昨日はちょいと涼しい32度、明日は台風、、、身体があっちゃこっちゃ、なんだかなぁ

そんな七月ももうおしまいやね

な、なか、久しぶりな美女焼肉会with初登場かみさん

4人はまだ酷暑の月曜の夕刻にとある駅から15分ほど歩いた高級住宅街にあるお店で

価格帯といい、品揃えといい、客数といい、まぁウチに近い、ということで今回はこちらで肉食な訳で

まずは生ビールとチャンジャスタート

キムチ盛合せのカクテキはゴロっとした大根で

ひとやすみは定番ナムルで

スタートはタン塩

お店はいまっぽいけど、盛り付けは昔乍らのシズル感!!さっぱり美味しいスタートで

カルビは特上、上、フツーの3種あるんで、でんぶ1人前ずつお願いして

これは上カルビ

これがフツーな子で

脂の量といい、フツーな子がベストに思えたりして

次はロースで、こちらも3種

ザブトン、、、ほどキレイな脂やないけど美味しい特上

その後上、フツーと続き、ビールの後のワインも2本目に続き

お酒も回って、そろそろシメになり

コムタンスープはしっかりな子で3時間でお腹パンパン

お店はエアコン効いてて、冷たいのみもんいただいて、満足満足・・・

や、けど、その後プラプラ20分ほど歩いて駅まで

その頃には暑くて熱くて(´・ω・`)

結局駅前の居酒屋でハイボールな〆になり

やっぱし会社帰りによるのは近くのお店で

住宅街な街の酷暑はお客さんだけでなくてお店もツライ・・・がわかりました

お客さん目線になるためにも、いろんなお店に行かないと、な定休日

さ、明日の台風な土曜日、みなさ~ん、お待ちしておりまーーーーーす

海の日の教え


2018年07月19日

東京は連日35度、昨日は岐阜で40度、沖縄は30度、札幌は28度・・・日本列島の位置関係変わったんかいな

さて定休日は海の日

毎年ムスメがどっか連れてけ、と言われ去年は千葉の沖ノ島に行ったけど

今年は受験生、猛暑の中もくもくと勉強してるので

父さんだけ海の日

まぁこの環境はもともとわかってたんで、20数年前に釣りを教えてくれた師匠にお願いして、今年初の釣りに

船宿は金沢八景の野毛屋釣舟店さん、師匠は4時に、ボクは5時半に着いたらすでに10番目(´・ω・`)

こちらはショウサイフグでイチバン有名やが、今回は3回目の鯛船、一回目は1.5キロぐらいのを2尾、去年は3.7キロを一尾とボウズ知らず

ならば今回は食べごろの2.5キロぐらいを2尾欲しいなぁ・・・なんて勝手な構想のなか

6時過ぎやのにもう暑いがな

これが鯛ラバ、西日本の漁師が考えたらしく、目玉おやじに鯛がかぶりつくという不思議な釣り、でも今やイチバン釣れる方法らしい

お隣はフグ船、三連休最終日ということで、まんちくりんではない模様

七時出船

久しぶりの、というか一年ぶりの海風は気持ちええね、天気もええし、潮も大潮、暑い以外のコンディションはベストやん!!

師匠は何度もドラグ(リールのブレーキ)調整を怠らないわけで(船頭さんに閉めすぎと以前言われたらしい)

意外と沖は風があり街中ほど暑くない、いや快適かも、なチョーベストで

タイラバは40m近い海底にそーっと落として、ゆーくり10mほど巻き上げ、また落として巻き上げる、たぶん1分間で4回、一時間で240回、延々と繰り返すわけで

ところが、まーーーーーーたく当たらない

巻き上げる速さを変えてみたりしても、まーーーーーーたく当たらない

お昼が過ぎ、反対側のお兄さんはそこそこのサイズを2枚も上げてねのに、

師匠は一回当たったけど、ばらしてしまい、ボクは、、、まーーーーーーたく当たらない

沖上がりの3時を過ぎ、1500回目にして、ようやくアタリ!!!!!

けど、どうも様子がちゃう・・・上げてみるとちっちゃいホウボウ(≧▽≦)

その後師匠にもタイが・・・かわいい

で、船頭さんは4時まで残業してくれたけど、僕らは変わらず

トップは4枚やったらしい、、、

海の日の教え、2度あることは3度ない!!

一日中竿を持ってて釣れないのはえらい疲れたけど、海の香りはやっぱしええね。

次回はリベンジや!!!!

夜は中華でした(#^^#)

京都vs大阪vs福岡な夜


2018年07月12日

このたびの大変な災害、東京におったら誠に失礼ながら実感ないんですけれど

西日本の被災された多くの皆様には心よりお見舞申し上げます。

日本は全国的に大変なところなんか

はたまた、ここ数十年が大変な時代なんか・・・

100年後にはわかねんやろね、あの頃はこんなんやった、って

そんななか、ほれぼれも大変な時期やったりして・・・

それはさておき、先日大阪におる弟からとある情報

ボクは実家の駅前に餃子の王将が中学校の頃にできて以来、餃子=王将(≒大阪王将)

という味覚が形成され

東京に来ても福岡行っても、ウーン、やっぱし王将かなぁ、な味覚やったけど

おんなし味覚の弟が最近ハマってる、っていう餃子を買ってみた

大阪の通天閣はいまや観光地になってしもたけど、おんなしぐらいディープな街に本店がある弟のいまのイチオシ「大阪王」さんの餃子

さらには、九州代表???「餃子の丸岡」さん、こちらは弟の嫁のNo1

これを聞いたら、やっぱし食べ比べしかないやろ

はい京都王将、つまり餃子の王将の餃子、ね

こちら大阪王、3箱54個

で、片栗粉まんくちりんのちび餃子は丸岡さん50個

王将は5人前、30個

トータル134個の大会スタート、で

焼き方も一緒に

意外と大変なことになり、兄嫁親子も呼んで総計6人で食べ比べ

もちろんタレも3店から特製ダレを準備して

手前から、王将、大阪王、丸岡、で

一人20個ずつ、、、はもちろん無理な訳で

一同静かになって、アチアチな餃子、餃子、餃子・・・明日臭いど~

で、集計

王将3、丸岡2、かわらんわ1、単なる慣れなんやろか

送料払うて遠方からお取り寄せ、電車乗って王将からお買い求め

うーん、ウチらの口には王将優勝、ということに落ち着いた定休日でした

なにしとんねん(^-^;

ウロコ付きでおろしてみました…なるほど


2018年07月05日

2018年、気づいたら半年が終わり、もう後半

今年は冬季五輪にサッカーワールドカップ、なかなか見ごたえあったね、、、な半年はみーんなお家でみてた???な感じで、後半頑張らないと

あら??来年はラグビーワールドカップ、3カ月も毎週末戦いがあって、

ほんで再来年の夏は東京五輪、2週間いやさらにパラリンピック・・・・わが飲食店、、、どうする??

こりゃ便乗商法しかないな(^^;

それはさておき、知り合いの動画を見て知った、鱗を取らずに魚をおろす手法

フツー丸の魚はみーんなウロコを取ってから三枚なり五枚に下ろして・・・やけど

どうも、キッチンがウロコだらけにならないで、汚れないようにということらしい

ん????その前にウロコとらんで、包丁の刃は入るんかいな

で、鯛を買いに行きました

調布インターそばの活魚専門卸の会社

あさ7時半に電話で発注して、9時に行ったら、あらま愛媛ナンバーのドデカイトラックが

運転手さん2人がトラックの生簀からカゴに入った鯛を下ろして、生簀に移す作業

へぇ~養鯛はこないして遠路東京にいらっしゃってるのね、お疲れちゃん

で、2キロ弱のメスを、って頼んでたら

〆てもらったけど、まだピクピクしてるお姉さん

とっとと、帰って、さっそくさばきました

初めてやけどウロコは落とさないでエラから内臓を取って、アタマも割って

たしかに鱗はとばない、意外にも包丁も入る

で片方を三枚に

まだウロコ付いてるから光ってる

キレイ(*^-^*)

カブトも半分に割って、とりあえず冷蔵庫にすべて保管、まだ朝の10時

で、いろんな幼児済まして、夜になり

ウロコの着いた鯛、フツーの包丁で皮を引くと

おぉぉぉぉ、鯛の皮は薄いから意外と失敗する確率高いのに、見事に引けた!!!

で、今宵の鯛は

カンパチ付きのお造りに

手毬寿司

アラだけで2時間とろ火で煮込んだ潮汁

皮は湯引きと

残りの半身はバブルの頃にあこがれのお店やった海皇(ハイファン)を真似した中華風お造りに

TVCMまでしてたお店やったけど、今は本店の神戸も京都も赤坂もなくなって、大阪だけが残ってるらしい、あのころの躍進撃はないみたい、で

ネットでいろいろ調べたけど、タレがどうもようわからん

当時、2,3回赤坂の支店に連れてもらろた

活造りの鯛や鮃に特製の中華ダレをかけたり

ボールに入ってた活クルマエビに紹興酒かけて食べさしてもろたり、ホンマバブリーなお店やったわ

で、今回は真似したけど、どうも我が家にはウケが良くなかったわ

また違う調理を探そ(^-^;

とはいえ、鱗を引かないで下ろす手法、ほとんどシンクは汚れないし、何といってもウロコ落としで身が痛まない、これを思いついた人はスゴイわ

調理はまだまだ進化していくのね、もっともっと勉強しないと、な1日でした

愛媛の鯛様、ありがとうございました!!