• お店紹介
  • メニュー
  • キャンペーン
  • ブログ
  • ご予約・アクセス

遅い夏休みこれが目的、、、タカアシなんちゃら


2017年10月12日

突然ですが、富士山・・・関西人にとっては憧れの、いや象徴のとこかも、な富士山

こんな稚拙な日記を読んでもろてる方しかわからんけど

9月に月火と連休もろて伊豆に行った話なんやけど

その日はお昼に沼津で真鯛食べて、ほんで西伊豆は戸田にGoで

港のちっちゃい突端から見た富士様は

実はその前週に三島に行ったときは曇天でまーたく見えなかったのが、まぁどーーーーっしりしてはって、ええ感じで

いったん宿にチェックインして、晩御飯前にもう一回おんなじとこに夕焼けを見に来たら

兄妹は、のー天気におひさんで

富士様は

あいかわらずご機嫌さんの堂々で

夕日ははるか太平洋におやすみなさいで・・・なんかホットするね

で、宿に帰ったら、7時前のお食事タイムで、

駿河盛とかいう船盛はネットの写真とだいぶんと違うけど、まぁご愛敬

突然現る、ウルトラQ————————

こちらさまはお宿のイケスにいてはった貴婦人で

その名もタカアシガニ様!!

世界でイチバン大きなカニらしく、駿河湾の深海にようけいてはるらしく

けど、最近はめったに獲れないらしく

今回の目的は9月に解禁になったこのお嬢様で

食べ方は一般的には最上が蒸しらしく、今回もそれでお願いしてる訳で

骨??は柔らかく、関節でぽきっと折れて

カニみそにちょいと漬けて、グルメレポーターよろしくこんな感じで

こんなにデカくて

イケスにいてはる方々も

こんなにでかくて

で、肝心のお味は・・・

トウモロコシの味(長男)

野菜の味(カミさん)

ボクとムスメ・・・フツーに美味しいww

タカアシガニさんありがとうございました、ご馳走様でした。

地元では甲羅に魔よけのペイントをしてるそうな・・・うちにはいまだにノンペイントな殻様がありますが・・・(^-^;

 

もりもり寿司、今度は金沢から来てくれたんか(‘◇’)ゞ


2017年10月06日

早くも10月・・・ほんで体育の日の3連休、、、今年も残すことあと3カ月やんねぇ(*_*;

ホンマ年取ると一日一年が早いねんなぁ、もっとがんばらな

 

まぁそれはおいといて

9月末の金曜日にトリエ調布という5階建ての3つのビルが地下駅の上に誕生!!

今回は超近場の調布に出没

ということ京王線で5分、駅を降りるとA、B、Cの3つのビル

まず真上はA館で、ファッション、雑貨、食品とレストラン街なビルで

そのお隣のB館はでーんぶ家電のビックカメラ、どうやら関東一の大きさとか

ほんでその奥のC館は全館シオンシネマの映画館

調布には撮影スタジオが日活と大映のふたつがあり、石原プロダクションとかもあったりして、「映画の街」でうってたけど、映画観に行くのは隣町の府中か新宿までいかなあかんかったんで、これからはここで観れますわ

ほんでお向かいの昔から調布にあるPARCOさんは大競合で大大大苦戦のはずやのに

垂れ幕には『祝開業!トリエ様、ようこそ調布へ』

なんて粋なメッセージを発してはって、、、誰のアイデアなんやろ、これなかなか好評なんですわ、ガンバレパルコ様!(^^)!

お昼過ぎに着いて一通りウロチョロしたら、月曜でもパンパンな人混みで、、、とりあえずここを離れてサクッと昼のみ&つまみからの映画。

夕方になって晩御飯家族集合&何がええ?て事前に聞いたら「お寿司!!」と

知ってました、金沢のチェーン店が調布に来はったんを

「もりもり寿司」で、去年金沢に行ったとき、近江町市場店も大盛況でありました。

ずーっと満席状態やったけど、早めに僕が受付券をもろて、テーブルを確保、ムスメのためになんちゃらランドの乗り物に代わりに並ぶお父さんみたい(^-^;

それはさておき、ボクだけテーブルに座って確保、まずは天狗舞をガリをつまみつつ

チビチビ飲んでたら、カミさんと次男とムスメが集合(長男は今回欠席)

メニューみたら、こちらはお造りがあるので

まずは天然ブリ(ハマチ)のお造り、なんで(ハマチ)と書いてあるかというと、関西式でハマチとは天然のブリの子どものこと(ワラサ)を言うわけで、たぶん金沢で言うと、ハマチと書きたいとこやけど、そしたら関東では養殖のブリをさすから、誤解するんちゃうのん!っていうこと・・・かな?

で、このブリ、見た目ふにゃでスタートダッシュ失敗やん・・・って思ったら、なんとコリコリ!!これはビックリ、こんな鮮度あるブリを回転寿司で食べれるなんて

そしてアオリ、こちらも色はまぁこんなもんかいな、、、と思て口に入れると、まぁなんと爽やかなプリプリで、またビックリ!!

北陸名物活けばい貝のお造り、、、なんともいえない食感と香り、、、Good!

メヒカリの唐揚げ・・・これはまぁ普通

ゲソの唐揚げ・・・普通やけど、イカは大好きなんで合格!!(^-^;

握りはしっとり甘みのあるハタ

ヒラメもなかなかのもんで

回転寿司で初めてみたタチウオ

すんごいマアジ

今や定番になったブリトロと呼ばれるブリのハラミは甘くてコリコリ

生ダコ

食べていい?て聞かれたらアカンて言われへんやろ、な確信犯的ムスコの戦略にハマった最高値な大トロ、サイコーに美味いと言うてた、ボクは興味ないけど

イカが美味しかったので、ゲソ、エンペラのイカ三昧

ワインは白をたのんだのに、どうもここの白ワインはロゼ調で

そろそろ最後なんで、真鯛に

香箱蟹ハーフが入った味噌汁

ちゃんと内子と外子が入ってて、これは美味い!!この時期で良かった、な〆でした。

四人で46皿・・・お酒も入れてやけど

実は先週は愛媛は宇和島の回転寿司で、今週は金沢の回転寿司対決

ボク的には

宇和島<金沢  かな

けど、お会計は圧倒的に金沢の惨敗・・・いやはや、しっかり働こ(^-^;

ご馳走様でした!!

すしえもん、宇和島から来てくれたんか…\(^o^)/


2017年09月28日

ケータイのアップデートしたら、ほれぼれ倶楽部のログインがでけへんようになって

それは2倍ポイントとかメッセージの送信もでけへんようになって

どないしたらええの?って聞いたら、スタートアップのCDでやり直し・・けどそんなCDなんて捨ててしもた・・・再発行にごっついお金かかる。。。って脅されて・・・沈んでますねん(´・ω・`)

まぁそんなことは内輪の話で

夏休みのお話の続きはまだあるんやけど

今日はこの定休日に行った高尾のお話

とはいっても山ではなくて、

今年オープンした郊外のこんな大きなとこで

目的は

宇和島の回転寿司、愛媛以外初進出!!! が、ここ高尾に

宇和島といえば、愛媛県と大分県の間の豊後水道で鍛えられたアジやサバが有名で、その次に養殖の真鯛やブリが有名

つまりボクの好きなもんばっかしのお店ということで

週末は何時間も待つらしいけど、月曜はまだ空いてて

こちら、実は元ヤクルト、そして大リーガーの岩村のお兄さんがやってるチェーン店ということで、店員さんはみんな野球のユニフォーム・・・ただしタイガースはおれへんかった(^-^;

 

で、まずは愛媛の冷酒で

お造り盛合せは赤身といきなり鯛とブリ

お造りはこれだけで、鯛やブリだけの単品が欲しいねんけどなぁ

愛媛の有名養殖の伊達真鯛、コリコリでも食感はよくて、スタートOK!!!!

宇和島の鯛めし、、、生卵が宇和島流らしい、カツオ出汁がほどよく効いてて美味しい

活〆ハマチ、、、活〆というほどでは、、、まぁドンマイ

奥さんのリクエストの産地直送スルメイカ、色味と艶、食感もOK

うす塩にカボスが合いますわ

熟成トロカンパチ、、、しっかり歯ごたえにサラッと脂、機械握りがザンネンなんやけど

ブリトロ・・・カンパチの方が締まってて好き

ブリ三昧、、、背と腹と細切れ軍艦・・・集大成というやつね

鯛三昧、、、握りに鯛めし風軍艦に松皮造りの握り

〆は宇和島ウニの軍艦、回転寿司としては上出来なラインナップですわ

帰りがけにこんなん発見

あらま、宇和島だけやのうて、北海道からの直送もあったのね

まぁ鯛&ブリ好きのボクとしてはこれでも相当ウレシイねんけど、北海道も試しなあかんな、これは(^-^;

 

P.S

2人でお腹パンパンになったあと、徒歩圏内にある聞いたことない日帰り温泉「ふろっぴー高尾」に

ロビーはなんだか怪しいww

レストランという名の食堂に行くと、ステージに座敷に左サイドには相撲やないけど桟敷席があって

座ると照明が消えて

なんと踊りのステージが

なになになに????

どうもここは大衆演劇のメッカらしく、この日はお昼のお芝居の部が終わり、第二部の舞踊の時間にたまたま来たらしく

56年間で初めて観ました、コアなファンもいてはって、望遠でパシャパシャ撮影してたり、ビデオもあり、一曲終わるとオヒネリまでも

30分ほど観てお風呂に行きましたが、なかなかええ経験しました(#^^#)

ちなみにお風呂も天然温泉でええ湯でしたが、風呂上りにさっき踊ってた兄ちゃんがすんごい紫のビロードのジャージみたいなんでロビーをウロチョロしてたんはなんか良かったな。

山だけでない、恐るべし高尾!!(*^-^*)

遅~い夏休みはリベンジFuji !?


2017年09月21日

シルバーウィーク前半の月火と二日間お休みもらいました。

一応夏休みなんですが、お休み明けということで

久しぶりに【生マッコリフェア】を始めました。

月末までですので、ぜひお試しください!! (PRでした)

さて、その夏休み、誰とどこいくか・・・

全員に声かけしたけど、次男はどーしても授業があるからムリ!!ということで長男と長女と奥さんとボクのごくごく一般的日本的サザエさん的な家族旅行になり、行先は・・・

実は先週突然の思い付きで奥方と三島に行き、鰻をいただいたんやけど

その日は、たーいへんたーいへんお天道様のご機嫌は斜めで

ということは、ボクらからMt.Fuji様は見えない訳で

ざぁんねんな日やったんで

これはアカン、リベンジじゃ~~~

という訳でもなかったんやが(もっと前から予約してたからね)、結果そんなことになり

日曜の怒涛の台風一過、敬老の日の月曜は朝からピーカンで高速も下りは空いてて、ジスイズドライブな訳で

富士山はすこぶるご機嫌さんで

まずは先週行った三島のお隣の沼津にたどり着き

お昼ごはん・・・

この日は繰り返すけど、三連休の最終日の月曜で、河岸は日曜から連休な訳で、しかぁも、先週は土曜から台風の影響で荒天、つまり漁船は出れないからお魚はすでに死んでるやん、ていうレベルしかないので、有名な沼津港のお店は混んでても、お魚はこの辺の回転寿司と変わらんのとちゃうの、というもんで

沼津は餃子とか洋食とかお魚以外でも美味しいお店はある訳で、悩んだ挙句、、、見つけたのが

お魚(^-^;

ただぁし、こちら、沼津の真鯛養殖会社の直営店、ということで、それなら不漁は無関係やし、その名もズバリ、ボクの大好物の真鯛なこともあり、独断と偏見で決定(#^^#)

お店の前のメニューはランチ仕様やけど、もちろん真鯛しかなくて

ここまで運転してきたから、ボクは

真鯛ちゃんに乾杯で、

隣でムスコと奥方がじゃんけんした結果、ムスコも乾杯で、奥方は完敗、、、

アホなこと言うてるうちに到着したのは

真鯛茶漬け膳

鯛飯に出汁がかかったお茶漬けと真鯛のお造りにお新香

そして、真鯛丼

真鯛の漬けのお造り2種、に卵黄

大きくそぎ切りしてはるんで、ボクからするとやや薄く

その前に、ん???

身の鮮度が・・・ドンマイなことで

よぉく見てみたら、こちらのお店にはイケスがなくて、養殖屋さんの真鯛とはいえ、これは日曜会社がお休みやから、土曜にイケスから上げた真鯛ちゃうかいな、な真鯛で、せっかくネットで調べまくって、期待度特大で来たのに、やっぱり連休はこんなことになるんか・・・な逸品で

ザァ~ンネンなことはおくびにもださずに食べてると、次に到着しはったんは

塩釜焼き、ランチやから千円なんで半身だけね、バァージョン

昔自宅の中華鍋でよう作りましたがな、塩釜、なんやけど、実は外で食べたことなかったので、ここを見つけたとき、ランチでも塩釜頼めることがわかり、前出の丼ぶりよりも、こちらに期待してた訳で

木槌はなかったんで、お箸でガンガンつついたらパカッ、て割れて

うん、1キロ弱の食べごろの塩釜だわ

ただ、裏には塩はなくて、オープン直みたいで、まあ半身やし、さらにまるまる塩釜にしてたら、本気の木槌が要る訳で、これはこれでアリな訳で

20分かかります、と最初に言われたけど、待つだけのことはあり、しーかり熱は通ってるけど、プリプリジューシーな蒸し焼き状態で、これはやっぱし真鯛の醍醐味で、これに冷酒がええなぁ~、と言いたかったけど、これから運転する奥方にはもちろん言えずにじっとコラえていただきました。

実は4人では足りん、かと、2つお願いしたけど、これは一つの方が良かったわ、、、笑

このお店、東京で出してくれへんかなぁぁぁぁ、けど、これならボクがだそうかなぁ、なんて伊豆やのに房総、あ、妄想してしもた沼津のランチでした。

つづく

とんでもな名店


2017年09月14日

お知らせ

来週火曜日(9/19)臨時休業させていだきます。

今月に入り、バイト君たちがみんなゼミ合宿という旅行に出かけてます。

発表がちょいとはあるものの、初島、京都、広島とどうやら先生との旅行らしい、先生も家族連れて来たり・・・学生は行かざるを得ず・・・これも単位取るための忖度?!(^^)!

 

私も奥方への忖度、で、定休日は三島にいってまいりやした。

小田急で小田原経由、JR三島・・・びーくりしたんは、SUICAが使えない!!!!

改札口で、みーんな清算で並んだはる、店長は小田原で気づいて切符買ったから良かったものの・・・なんで????

それに、この田舎な駅舎、、、ここ新幹線の駅でっせ!!!!!!

今回初めてミシマに来て、なんで沼津でなく三島に新幹線の駅ができたんか・・・と思たぐらいで

とはいえ、三島には、神社仏閣がたーくさんあり、日本史には大変貴重な街であることは確かなようで

なかでも代表格は三嶋大社、三島とは書かへんのね、こちらは

なかなか風格のある、お宮さんで伊豆国の繁栄を支えて居たようで・・・でも大社さんも街も月曜やからか、たいへんシーンとしてて

やっぱし、沼津の方が活気があるようで・・・

で、三島に来た以上、富士の湧水で臭みを抜いた名物鰻を食べないことにはいかんな、で迷った挙句、有名店に

11時開店で、お店に着いたんは10分ほど過ぎてて、、、ん???平日の閑散とした三島大社で安心してたけど、まさかの満席、で、整理係のガードマンさん2人もいたはって、、、

まず紙に名前を書いて、と言われて教えてもろた紙はすでに4枚目、、、60組ほど待ってはる・・・どないしようか、、、けど、30分ぐらい、と言われ、せっかくここまで来たら、しやあないね並びますか!?

お店の隣は神社の入口で、みーんなここで待ってはって

30分ほど経つと、食べ終えたお客さんがドンドン出てきはって、ようやく僕らの番がやってきて・・・すごい回転率ですわ

お店に入ると、半地下、一階、中二階、二階、三階、、、とあるようで、どうみても100席はある

厨房は朝からバタバタで、ホール合わせたら20人はいてはるみたいで

ビールと

骨せんべいと

ぬる燗のコースは王道で

はい15分ほどのお待たせ、で

たしかにいい香りで、軽くて、タレはちょいとキリリなさらり系、うんこれは美味しい

けど、一番ビックリしたんは、まぁ香りのえらいしーかりした山椒、こんな粉山椒は初めて、、、みたいな

ゆーくり食べてもウナギは30分で終わるもので

お会計をして、表に出たら、、、、まだ12時前というのに、まだまだ待ってはって・・・これは閉店まで続くもんなんか・・・

これ、月曜日でっせ、、、土日とかどないなってんねんやろ・・・美味しかったけど、二人で福沢さんな価格なのに、いったいなぜにこんなに並ぶのか???

三島駅まで、散歩がてら歩いたけど、他の鰻屋さんは、どこも並んでない、、、150年の老舗の桜屋さんやから??

地元の人で混んでる、とは思えないし、観光客としてもそんなに毎日毎日三島にくるもんなんやろか、ウナギのためにミシマに来る??・・・あかん三島の事もっと知らなあかんわ、な、とんでもな名店でした、ご馳走様でした。